帯広のシェアハウス「トリノス シェアアパートメントandオフィス」

2018年春に帯広に大型のシェアハウス「シェアアパートメントandオフィス トリノス」が完成します。改装中のシェアハウスを2017年12月に見学をさせていただく機会があったので、紹介したいとおもいます。立地は帯広農業高校や帯広畜産大学がある近く。自然も多く、買いモノなど利便性も悪くない、好立地なところです。賃貸アパート・マンションを探している方はぜひ入居を検討してみてはいかがでしょうか?

公式ページ
https://www.mocomocojan.com

中の様子

まだまだ工事はこれからというところ。一部の部屋以外はこれからという感じでした。1階の入り口付近には、シェアオフィスのようなものができるそうです。

1階の奥はキッチンに。 

食堂はとても大きかったです。ここは昔、旅館だったそうで、大きなキッチンと食堂があったんだろうなというのがわかる形でした。ここでパーティとかイベントが開催できそうです。

部屋の様子

部屋の一部は内装もできていました。部屋の間取りは一緒のようですが部屋によって、床の色が違ったりでそれはそれで楽しそう。3階は女性専用になるそうです。外の景色もいい感じ。リスの餌箱も置いてありました。軽く家庭菜園みたいなこともできるスペースもできるようです。

廊下は長い。2階3階で18-19部屋できるそうです。

オーナーさんは学生から高齢の方までいろんな方が入居できるようになればいいなとおっしゃってました。帯広畜産大学には留学生も沢山いるそうで、国際色が豊かになっても面白そうです。個人的には独身だったら、住むことを検討してるだろうなというくらいなんだかワクワクする空間でした。

2018年2月現在ですが、内覧できるとのことなので、ぜひ見に行ってみてください!

シェアハウスをお勧めする理由

東京を中心に都市部ではシェアハウスが沢山できていて、シェアハウスで暮らすという選択肢が普通になっています。こちらにはほとんどそういうものがありませんが、自治体で移住を推進しているような帯広など地方都市ほど住む空間をシェアすること、色んな人と繋がる場所を推進して増やしていく地域になるべきだと個人的には考えています。

なぜなら、今後の自分の行動に影響されるのは人との繋がりがきっかけになることが多いからです。シェアハウスは人との繋がりを生む空間だと思うので、生まれ故郷でない土地に住む人や新たな環境で暮らす人にとって非常に有益な機会を得られる場所です。

ちなみに、個人的な経験ですが、自分は転職をしたタイミング(札幌→十勝)で研修を兼ねて1ヶ月東京に住んでいたことがあります。その時に東京のシェアハウスに住んでいました。そこで出会ったのは、自分と同じく1ヶ月程度、東京に研修に来ていた十勝の同い年の美容師さんでした。その美容師さんに今、髪を切ってもらっているという、奇跡的な出会いをシェアハウスでしています。こういう出会いが色々あって今後に繋がるいい場所になり得るのがシェアハウスの一つの特徴だと思います。

あと、これも自分の話ですが、前職で転勤で札幌で5年間仕事をしていました。今思い返すと、仕事以外の繋がりがほとんどなくそれを後悔しています。当時は同僚もいたし、普段生活する上では全く問題なく、楽しい日々を過ごしていました。ただ仕事以外で知り合った友人はほとんどいないし、作ろうとも思っていませんでした。もしシェアハウスで暮らしていたら、仕事ばかりの日々でも、友達作ろう、と思わなくても、自然と作れる環境だから、勝手に仕事以外のつながりもできてただろうなと思います。今ではもったいないことをしたなーと感じています。そういう自分の経験を踏まえ、新しい環境、新しい場所でシェアハウスに暮らしてみるのは大いにアリな選択肢だなと振り返ってみて思うのです。

シェアハウスは、入っている人や運営側によって、雰囲気は大分変わるようですが、ぜひ、このトリノスは、みんなに入居するのが羨ましがられるような場所になってほしいですね。

そして、新生活を送る人、引っ越しを考えている人、賃貸アパート・マンションを探している方はぜひ入居を検討してみてはいかがでしょうか?

shigenoza.com


コメントを残す