「銀シャリ亭くまだ」帯広で美味しい米と焼き魚

焼き魚&白米を食べたくなったら、よく行くお店「銀シャリ亭くまだ」のご紹介です。
一人用の釜で炊きあげる炊き立てのご飯を味わえる銀シャリは、道産米「ななつぼし」を使っているそうです。また、旭川の水産加工食品製造卸問屋さんが経営しているお店だそうで、基本は「魚」メインの提供になっています。
大通25丁目、なごやか亭の向かい側にあります。
 
Wifiも完備されていて、速度も快適です。米が炊き上がるまで時間もかかりますし、嬉しいサービスです。食事中でもネット環境が必要な方にもおすすめの飲食店です。ただ、急ぎの方にはあまりおすすめできないのでご注意を。

オーダー

秋刀魚ご膳 951円

秋という季節ということで、季節につられてさんまをいただくことにしました。

秋刀魚はもう当然美味しい。油もしっかり乗っています。なにより大根おろしがめっちゃ美味しんです。この大根おろしだけでも飯が食べれてしまうくらい濃厚な大根です。なぜだろう?

お米も少し硬めの最高の炊き加減。魚をのせて食べるとちょうどいいくらいに。

【旭川酒粕漬け】秋鮭ご膳 972円

※写真撮り忘れ・・
こちらは「酒粕漬け」に惹かれて注文することに。鮭の焼き加減は水分を残し身の柔らかさもしっかりあり、熱々で最高に美味しい状態で焼きあがっていました。酒粕の味付けも絶妙で、甘さと旨味が凝縮されて鮭の良さを引きたたせてくれていました。こちらもご飯が進む!

小鉢が充実しているのもくまだの嬉しいポイントです。3種類の小鉢と漬物がついています。こちらも美味しい。ごはんすすむやつです。

メニュー

基本は、釜炊き白米+魚です。
お肉は生姜焼きと唐揚げのみ。あとはいくら丼や炊き込み釜飯がメニューにあります。
 
期間限定のいくら丼
鯖味噌・ほっけ
ハラス・さんま
酒粕鮭・焼サバ
お刺身
お肉
炊き込み・うなぎ
おにぎり
魚・白米が食べたいときはぜひ、銀シャリ亭くまだに行ってみてください!

shigenoza.com


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

京都出身北海道十勝在住。北海道道東中心に写真や動画撮って編集したり、ブログ書いたりしてます。