十勝サホロリゾート ベアマウンテンに行きました

今日は、北海道新得町にある十勝サホロリゾート ベアマウンテン
の紹介をしたいと思います。
十勝サホロリゾート ベアマウンテンとは、一言で言うと、「ヒグマのみのサファリパーク」です。

登別の熊牧場は飼育されている箱の中でクマを見るだけですが、こちらは、飼育されている森の中を探検する、サファリパークの形をとってるので、また違った楽しみ方ができます。また、元々スキーリゾートが主体のリゾート地なので、そのあとにランチやアクティビティを楽しむこともでき、オススメのスポットです。

十勝サホロリゾート

ベアマウンテン開始

まずはチケットを購入し、バスに乗り込みます。
DSC_0084
(チケット料金は後ほど記載します)

連休中と言うこともあって、満席状態でした。バスの中は座席が横になっており、サファリパーク仕様となっています。ゲートをくぐり抜けると、森の中に入ります。
DSC_0082
早速、クマがいました。


寝ていました。 

 約20分ほど、ゆっくりと解説付きで周ります。
60歳前後のお父さんが面白ろおかしく解説してくれるのも高ポイントでした。たぶん、普段それほど饒舌な方ではないと思うのですが、面白く解説しようと工夫をされて冗談を挟みながら、解説してくれていたのがとてもよかったです。首には装置が無線で位置情報がわかるようになっています。

DSC_0069
園内のクマは12頭なので、めちゃくちゃ熊が観れる!
と言うわけではありませんが、敷地内でバスが来るタイミングで、クマを誘導しているので、結構楽しめるように仕組み作りをされていました
DSC_0060

料金
バスに乗らずに歩いて見学するチケットもありますが、
あまり見れない可能性もあるのと、
解説が聞けて楽しく周れるバスチケットがオススメです!
 
・入場券 (遊歩道内を歩ける)
大人 1836円
子供 1080円
 
・バス付き入場券
大人 2916円
子供 2160円
 
・ランチ付入場券 (遊歩道内を歩ける)
大人 2700円
子供 2200円
 
・ランチとバス付き入場券
大人 3200円
子供 2700円
 
帰りは遊歩道で

バスが到達するポイントが、遊歩道の最終地点となっています。簡単なクマの生態についての展示室があったり、小さい池にクマがいて、(クマがいるように仕向けている)透明なガラス越しにクマを観察することができました。 

僕が行った時は秋ということもあって、池に泳いでいるシャケを食べるクマがみれましたよ! 帰りは、歩いて帰ることにしました。敷地内を横断する高さ5mの遊歩道が370mあります。設置され眼下にヒグマたちを間近で観察することもできます。でもやっぱりバスの方が間近でしかも色んな表情が観れるので、ぜひバスに乗るのをお勧めします。歩きだけだとちょっとがっかりする可能性があります。

終わったら、食事を

食事付きのチケットを購入していたので、ベアマウンテンから帰ってきたら、宿泊施設があるレストランで食事をしました。味はまあまあですかね。雰囲気重視ということで、

 

十勝サホロリゾートについて

 

最後に十勝サホロリゾートについても少し説明しておきます。ベアマウンテンはメインのアクティビティではなくて、冬はスキー、夏はゴルフが楽しめるリゾート施設です。

スキー場は初心者から上級者まで17コースが設置されている。全コースでスノーボードが滑走可能なコース。ちなみに、ベアマウンテンはスキー場内にあります。

 細かいことはわからないので、、、十勝サホロリゾートのWebサイトをぜひご覧ください。

http://www.sahoro.co.jp/

shigenoza.com


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

京都出身北海道十勝在住。北海道道東中心に写真や動画撮って編集したり、ブログ書いたりしてます。