毛ガニは産地によって旬が違う?4月はオホーツクの毛ガニ

4月に毛ガニをいただきました。え?なぜ、この時期に毛ガニなの?旬は冬でしょ?と思った方も結構いらっしゃるんではないでしょうか?
 
最近、知ったのですが、北海道でも毛ガニは産地によって旬が異なるんです。
 
簡単にまとめるとこんな感じ。
日高・十勝(太平洋) 冬
オホーツク・宗谷 春から夏
道南(胆振や白老町など噴火湾) 夏
 
この表を見るとほぼ1年中毛ガニは楽しめるんですね!これを知った時、ちょっとわくわくしてしまいました。
今は4月なので、オホーツクは雄武町で購入した毛ガニをいただきました。
 

雄武町の直売所

オホーツク海は冬は海が流氷で覆われているので、流氷が去る「海明け」(3月頃)から漁が始まり、7月~8月頃まで続きます。
仕事で雄武町を通る用事あり、雄武町の直売所で毛ガニを購入し、自宅に持ち帰りました!4月末に雄武町の毛ガニ祭りが開催されるので、ちょうど最盛期の時期の毛ガニです
 
330g 2100円
400g 2700円
440g 3100円
(税込)
直売所の道の駅ではさみなどを借りれるそうで、その場でカニを食べることもできます。道の駅で食べたかったんですが、ビールを飲みたかったんで、我慢!自宅でいただきました!
身がぎっしり
みそも抜群においしい
カニのお供は札幌ビールとチームヤムヤムさんのユキノアワグラスでいただきました。
泡が立たなかった・・・。
こうやって、北海道の旬のものを産地で購入して、すぐに食べる!ということができるのが北海道で住んでることの特典ですね。
十勝にいるとオホーツクはさすがに遠いですが、、自分は全道走り回る仕事でもあるので、その時々の新鮮な食も楽しめる。最高です!
 

shigenoza.com


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

京都出身北海道十勝在住。北海道道東中心に写真や動画撮って編集したり、ブログ書いたりしてます。