北の屋台でラムのたたき 琥羊 (こひつじ)

帯広といえば、屋台。最近、帯広の夜がとても楽しいです。結構、バラエティー豊富なお店が揃っているし、それぞれイカしたお店がたくさんあり、飽きません。その代表格が「北の屋台」だと思います。(屋台については省略。)その北の屋台で初めてラムのたたきを食べたので紹介しておきます!

琥羊 (こひつじ)

その名は「琥羊 (こひつじ)」

羊の料理がたのしめます。店主がタイガースファンだから、虎がはいっているとか。琥羊では、「生ラムのたたき」をいただきました。羊の肉を生で食べられるお店はいくつかあり、生でたべたことはありましたが、たたきにしているのは初めてでした。

正真正銘たたきです。全然臭くないし硬くもないし、ラムっぽさがすこし香り、ネギと生姜が最高に合います。美味しい!地元からきてくれていた友達も喜んでくれました。

そのほかにも季節に応じて、地元の食材を楽しめるメニューもたくさんありました。店主の方もとっても気さくでした。屋台はいろんな人と話ができるのがいいですね!ぜひ、気軽に足を運んでみてください!

check 帯広夜の街中探検ツアーに参加しました。

夜の帯広飲食店探検ツアー参加!帯広の夜を紹介!

2017.10.30

酒処 丹の 帯広駅前で日本酒を飲むならこのお店

2017.11.30

リルビッツカフェ 帯広駅前で夜遅くまで開いているカフェ

2017.11.02

夜の帯広飲食店探検ツアー参加!帯広の夜を紹介!

2017.10.30

shigenoza.com


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください